アロマとハーブとひとりごと
アロマセラピストが気まぐれで綴るつぶやきメモ

ブログランキングに参加しています!

↓ポチッとお願いします♪-その1
↓ポチっとお願いします♪-その2



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レッドクローバー

red-clover

【BLEND】
*レッドクローバー
*ジンジャー
*レモンピール   

春~初夏になると、あちこちで咲くシロツメ草。
子供の頃、シロツメ草でペンダントや王冠を編みましたよね~^^
今回紹介するのは、そのシロツメ草の赤い版 「レッドクローバー」です。
日本のそんじょそこらで見かけるのは、ほとんどシロツメ草のような気がしますが、よ~く見てみると、やっぱりそんじょそこいらにムラサキツメ草も生えていますので、いつか見かけたら、あ。レッドクローバーだ、くらい思ってやってください。
さて、そのレッドクローバーですが、これがかなり優秀な薬草なのです。
マメ科植物のレッドクローバーは、ポリフェノールの一種イソフラボンを多く含んでおり、女性殖器系トラブルにたいへん有効なハーブです。
この植物エストロゲンの働きにより、生理痛、PMS、更年期障害などのトラブルを緩和し、正常なものに整えてくれるといった効果があります。
強肝作用も有名な効果で、悪酔い、二日酔いなどのある意味では自業自得(!?)ともいえる辛い状態を予防してくれます。
また、鎮静作用も高く、ストレスでいっぱいいっぱいになっている時や疲労困憊といったときにも、きっと役立ってくれることでしょう。

しかし、レッドクローバーの最重要な要素は、ゲニスティンという成分含有量が高いこと。
このゲニスティンという成分は、イソフラボンの中に含まれる天然成分ですが、非常に強力な抗癌作用があると言われています。(現段階では研究中)
現在、癌の予防・治療に有用な天然成分として大いに期待されているのです。
ここ20年ほどで癌治療はめざましい進歩を遂げています。
"癌" という病気は、確実に、そして決して不治の病ではなくなっています。
しかし、やはり20年前と比べ、明らかに癌に罹患する方の割合が増えているそうです。
私は、父を胃がんで、祖母を大腸がんで亡くしています。
どちらもファクターに遺伝があげられる種類の癌です。
ですから、私にとって "癌" という病気は決して他人事の病気ではありません。
新薬による抗がん剤治療の辛さは想像を絶すると聞きます。
本人はもちろん、家族にも形容しがたい辛さを強いてきます。
このレッドクローバーという植物の研究がさらに進み、安全で確実な天然の抗癌剤として利用される日が来ることを心から願います。

アロマテラピー、ハーブ療法は医療・治療行為ではありません。
健康に不安がある方は必ず、医師・病院でご相談を受けて下さい。

現在、癌の治療をされている方で、このハーブを試したいと思われる方へ。
ハーブには投薬中の薬、また患者さんご自身と相性が合わない事があります。
ハーブを摂取したい旨を必ず主治医もしくは専門医にご相談、了承を得た上で自己責任においてお試しください。
※ハーブを摂取したことでのトラブルの責任は当方では一切負いかねます。
 
スポンサーサイト

テーマ:ハーブティー - ジャンル:日記


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。