アロマとハーブとひとりごと
アロマセラピストが気まぐれで綴るつぶやきメモ

ブログランキングに参加しています!

↓ポチッとお願いします♪-その1
↓ポチっとお願いします♪-その2



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お肌の治療

※ちょっとグロい表現も含まれますのでご注意ください!    

今日、お肌のトラブルを治療するために、近所の皮膚科に行ってきました。
実は、もう1~2年くらい前から鼻の頭に血マメみたいなデキモノが出来てしまい、特に痛くも痒くもないので放っておいたのですが、3ヶ月くらい前に、またもう1つ同じ血マメのようなデキモノが出来てしまったんですね。
しかし、この新しいほうが少しやっかいな状態で、少し刺激すると出血してしまうんです。
それも、すっごい量の血が出るんですよ。
デキモノそのものは 1㎜程度の隆起でして、出血はその中の毛穴のような傷から。
なのに、止血をしないで放っておくと、小鼻の半分を覆うような量の血が出るの。
出るというか、もう湧いてくるというような状態です。
初めて出血したときは、1時間後にご予約が入っていて、
病院にも行けず、かといって血もなかなか止まってくれません。
デキモノサイズにカッしたコットンに医薬消毒液をひたして
傷に貼り付けながらトリートメントルームの準備をしたんですけど、
少しするとコットンに血が滲んできて使えなくなってしまうので、
また消毒薬を浸したコットンを貼り替える。
これを繰り返して4度目でようやく完全止血に成功!
お客様がお見えになる10分前でした・・・^^;
その後は、文字通り「腫れ物を触る」ように洗顔、スキンケアをしたりして。
そしたらデキモノも丈夫になったらしく、ちょっとやそっとじゃ出血しなくなりましたがそれでも、その後さらに2回大出血を繰り返してしまいました。
そして今日。
何かの勢い余って、鼻をひっかいてしまい・・・。
もちろん、また出血。
あーーーーうざいっ!!!!!!!!
ということで、思い立ってとうとう皮膚科へ。
診断の結果、「血管腫」という皮膚トラブルだそうです。
特に悪いものではないけど、治療しなければ治ることはないらしく、また、出血を繰り返すような場合や、私のように目立つ所に出来てしまった場合にはやはり治療したほうがいいかもね、ということで治療しちゃうことにしました。
しかし、私は、いわゆるケロイド体質。
それほど重いほうではないのですが、怪我や火傷をすると確実に跡が残るし、深い傷でもつけようものならケロイドがはっきり残ってしまいます。
今日、診てくださったお医者さまも、その部分を気になさっていて液体窒素による冷凍治療でやってしまいましょう、ということになりました。
その治療法ならば・・・と、もうひとつ思い立って、気になっていた首の軟性線維腫(スキンタッグ)も一気にやってもらうことにしました。
この軟性線維腫は老人性のもの、つまり年齢と共に出来やすくなるようで、早い人では20代から出来てしまうとのこと。
しかも体質的に遺伝の要素がある皮膚トラブルで、
皮膚の薄い場所や、肌が弱い人に出来やすいという話しを聞いたことがあります。
実は、私の父がこの軟性線維腫が若い頃から多い人だったのですが、遺伝子は決して裏切りませんでした・・・。
(なんだってそんなもの遺伝するんだよ!って感じ)
液体窒素の冷凍治療というのは、イボを冷凍してその部分の組織を破壊するという治療法なのですが、治療後はイボが瘡蓋状態になり2~3日で剥がれ落ちて、綺麗なお肌が戻ってくるという治療法です。
ほんのちょっとチクリとしますが、大人ならば全く問題ない程度のチクリです。
この治療法で、鼻と首をチクチクチクチクと治療してもらったのが約2時間前。
今、治療した部分がすっごいヒリヒリしてて、ちょっと悲しいです・・・。
お医者さま曰く、「しもやけと同じ状態」なのだそう。
完治まであともうちょっと。
がんばろうっと!
ちみに「血管腫」「軟性線維腫」ともに100%私の個人的な体質によるもので、他人に感染するものではありません。
どうかご心配なさらないで下さいね(^^)
  
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

こんにちは。いつも楽しく拝見しています。
その後スキンタッグの治療の効果はいかがですか。
自分も治療しようか迷っているところなのです…。
どちらの病院ですか。
お肌のプロが行かれた病院に行ってみようかなと思って。
【2007/07/17 10:17】 URL | 教えてください #-[ 編集]

こんにちは。
いつもご覧頂いてどうもありがとうございます。

スキンタッグ、やっかいですよね。
悪さはしないにしろ、見た目に嫌になっちゃいますよね。
さて、治療から約2週間経ちますが、
ぴろんと飛び出ていたスキンタッグはもうなくなりましたよ。
治療当日からお風呂もシャンプーもOKです。
治療直後は皮膚が赤くなりますので、ちょっと目立つかもしれません。
ただし、赤みもヒリヒリした感じも次の日にはなくなりました。
あとは"気が付けばイボが無くなっている"という感じですね。
ただ、私の場合はケロイド体質ということもあり、
若干シミのような跡が残っていますが、これはしばらくで消えると思われます。
実は私、スキンタッグの治療は今回が初めてではなく2回目だったのですが、
前回はいちばん目立つところに出ていたものだけを治療。
そのときもやはり一時的にシミのようなものが残ってしまいましたが、
現在はほぼ消えています。
念の為、その辺もお医者さまとご相談の上で治療をするのがよいかもしれませんね。
ちなみに2回とも治療は同じ病院です。

あなたがどちらにお住まいか分からないのですが、
私が治療した病院は、練馬区のクルマタニクリニックです。
「小さな町のお医者さん」という感じのこじんまりした病院です。
内科もやっていますが、皮膚科の先生は女医さんです。
一見こわそうな先生ですが、とても優しい先生です。
細かい不安にもちゃんと答えてくださいますよ。

最後に。
病名は同じでも、人それぞれ体質に差がありますから、
必ず診てもらうお医者さまとよく相談してから治療を開始してくださいね。
そろそろ肌を露出する服を着ることが多くなる季節ですもんね。
早く綺麗なお肌に戻せるといいですね!!  

【2007/07/17 10:17】 URL | asaka #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。