アロマとハーブとひとりごと
アロマセラピストが気まぐれで綴るつぶやきメモ

ブログランキングに参加しています!

↓ポチッとお願いします♪-その1
↓ポチっとお願いします♪-その2



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ローズマリー

rosemary


【BLEND】
*ローズマリー
*ジュニパー
*ペパーミント    

今日、ご紹介するブレンドはとてもサッパリとしたブレンドのお茶。
ハーブティーが苦手という男性でもすっきり飲めるブレンドだと思います。
私のイメージとしては、サラリーマンの男性向けという感じです。
というのも、今回のハーブはどれもリフレッシュや
覚醒という分野に長けたハーブで、
これからシャッキリして行動しなければ
というシーンがピッタリのブレンドなんですね。
特にローズマリーは、精油の世界でも頭脳明晰効果が
特徴として挙げられるようなハーブです。
ローズマリーをお料理のスパイスに使うという方は
多いと思います。
その香りを想像してみてください。
とてもさわやかなスッとした香りですよね。
頭や体をシャッキっとさせて、
スムーズに回転させてくれそうじゃないですか?
最近は、認知症の予防・進行防止に
よい効果があるのではないかということで
その分野での研究が進んでいるそうです。
また、アロマテラピーを実践する人たちの
間ではとても有名な話しですが、
ローズマリーは「ハンガリアンウォーター」の
メイン材料です。
ハンガリアンウォーターの逸話はご存知でしょうか?

昔々の物語。
国王に先立たれ独り身だった70歳代のハンガリー王妃が、
リウマチ治療のため、修道院のシスターに薬としての
ハンガリアンウォーターを作ってもらっていました。
ところが、このハンガリアンウォーターを使い出したところ、
王妃はみるみる若返り、なんと隣国の王子に
プロポーズされたというお話しです。
現在、ハンガリアンウォーターといえば
化粧水のことを指しますが、たしかにローズマリーは、
肌を引き締め、キメを整えると言われています。
また、抗酸化作用や血液循環をよくする作用がありますので、
体の中から若さを取り戻すことができたのかもしれませんね。
ただし、血圧を上げてしまう作用もありますので、
血圧が高い人は飲用・トリートメント共に控えてください。
逆に、低血圧ぎみの人は適度にローズマリーを
摂取するのもいいかもしれません。

[記事作成日:2007/05/07]
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。