アロマとハーブとひとりごと
アロマセラピストが気まぐれで綴るつぶやきメモ

ブログランキングに参加しています!

↓ポチッとお願いします♪-その1
↓ポチっとお願いします♪-その2



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


感情を出して

最近、サロンのお客様にとても疲れてらっしゃる方が多くなりました。
肉体的にはもちろんですが、なにより精神的に参ってしまっている方がとても多いです。
それでも、コンサルテーションのときにちゃんとお話しができる人は大丈夫。
きっとニュートラルな自分へ戻るのも、それほど難しくはないかもしれません。
しかし、お話しが上手にできない状態の方もいます。
表面的なことだけを話すので精一杯の方もいます。
精神的ストレスは、少しずつ少しずつ心に積もって行くもの。
気がついたときには、すっかり感情も表情も出せなくなっていたということも少なくないと思います。

いつも元気な頑張り屋さんをしている人。
泣きたいことがあるのにがまんをしてる人。
人に弱みを見せることが苦手な人。

本当の内面は繊細だったりするのに、周囲から、しっかり者だったり明るい人という
印象を持たれている方に多いような気がします。

もういやだ。
なぜ私だけがこんな目に合うのか?
誰も助けてくれない。
だけどお願い・・・誰か助けて。

疲れきった心は本来のあなたなら考えないような感情を作り出してしまいます。
でも、日々の疲れやストレスが降り積もった結果、
すっかりネガティブになってしまったあなたがいることも事実です。
だけど、そんなふうに感じたときにアロマテラピーを受けようと思うのは、
そんな自分をちゃんと大切にしたいというポジティブさの表れでもあると思います。
セラピストには、その感情をぜんぶ吐き出してくれてOKなんです。
愚痴だろうが、苦労話だろうが、悩みだろうが。
アロマセラピストは精神科医としてのカウンセラーではありませんが、
話しを聞くことはできます。
自分の経験にしたがって、アドバイスが出来る可能性もあります。
感情を言葉にするだけでも、その後の心の軽さは確実に違っているはずです。
もしも初対面でそんなことは出来ないと思うなら、少しずつでもいいのです。
逆に赤の他人だからこそ言えるというパターンもあると思います。
それでもやっぱりどうしても話せないという場合、
トリートメントの間、もしも感情が溢れ出しそうになってしまったら、
溢れるのに任せてください。
無理に嗚咽を抑えたり、涙を我慢しようとしたりしないでください。
それは、心があなた自身を解放した証なのですから。
サロンのベッドや枕なんて、いくらでも汚しちゃってください(笑
そんなものは洗えば、なんとでもなるもの。
でも、溢れ出そうとする感情を我慢してしまっては心の洗濯はできませんからね。


人間はもちろんとても弱くなってしまうときもあるけれど、案外、強い生き物です。
神様はその人が乗り越えられる試練しか与えない。
とはよく言われることです。
しかし、だったらなぜ、自ら命を絶つ人が後を絶たないのでしょうか?
私は思います。
神様はすごくエコヒイキをする、意地悪な存在なんだと。
だから、もしも神様からの試練だと思ったら、歯向かってやりましょう。
ふざけんじゃないわよ!と蹴散らすくらいの勢いで(笑
それくらいの気持ちでいるほうが、きっと素敵な明日に出会えると思いますから。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。